絶品出汁香るご馳走うどんをご賞味ください。京都下鴨にあるうどん、うどんすき鍋の店。旨味ひとつです。

☆スポーツと職人仕事の繋がり☆

皆さま、こんにちは(^O^)/

今朝の話ですが、鴨川沿いをランニングしていたのですが、なんと桜が咲いていました🌸

天気がすごく良くてとても気持ちよかったです☺

身体を動かすことが好きな私には最高な気候です(^^)/

私は、小学校から高校までは”野球”をしており、大学では”ラクロス”という競技をしておりました。

学生時代は部活の思い出ばかりです😆笑

一応高校球児でしたので、コロナウイルスで選抜甲子園が中止になったのはすごく残念でしたし、

球児の悔しい想いがすごくわかります。

夏に向けてなんとか頑張ってほしいです(*_*)

そんな私が近頃、部活動やスポーツの経験が

今の”料理人”というお仕事にすごく活きていると感じます。

どういったところが活きているのかというと、

感覚をつかむ・コツをつかむ・勇気・責任をもって決断する

この3点です。

(もちろん、継続力とか努力することとか、共通点はたくさんあります。)

天ぷらの秘密の記事で少しお話ししましたが、

料理をしていく中で培う感覚やコツは、本人が経験から感じることができるかどうかです。

いわゆる暗黙知の分野ですね。

いくら形式的なレシピをみても、素晴らしい料理人の方にご指導いただいても、

最終的に美味しいものを作る感覚やコツを掴み、勇気と少しの自信をもってお客様に提供するのは自分です。

スポーツは感覚・コツを掴むことで、自分の能力が上がり努力することで他の選手より活躍できるし、そのおかげで試合に出られるチャンスが増えますよね。

そのチャンスが来たら、勇気・責任をもって決断(一瞬のプレーの判断)をしないといけません。

有難いことに私はその経験が多くありました。

おかげさまで、その経験が今すごく活きています。

一生懸命にスポーツに向き合って良かったなと感じています(*’▽’)

おうどんを作らせて頂く中で、毎日成長できている自分を感じつつ、

もっと美味しいものを作れるようになるにはどうすればいいのかを考えます。

これもスポーツをしていく中で、うまくなる為には何をしないといけないか考えてきた結果かなと思います。

感覚やコツを掴むヒントを見逃すことなく、今後も”料理”というものに向き合っていきます(^^)/

なぜ、このような記事を更新したのかというと、

4年前のこの時期に就職活動がスタートしたなとふと思い出し、振り返ったときに

今まで経験してきたこと全部繋がっているなと感じることができたからなんです😎

今の就活生にちょっとでも参考になれば嬉しいですね(^^)/

それでは、本日は失礼します!

この記事を書いた人
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です