絶品出汁香るご馳走うどんをご賞味ください。京都下鴨にあるうどん、うどんすき鍋の店。旨味ひとつです。

☆国産小麦100%って希少なの?☆

こんにちは!

皆さま、今年の夏はいかがお過ごしでしょうか?

夏は、休み期間に旅行や海水浴、帰省など季節を感じる出来事がたくさんありますね(^O^)

私は毎年高校野球を見ると夏だなーと感じます😆

自分自身が野球をしていたこともあり、試合結果や注目選手の活躍など、すごく気になってしまいます😆

個人的に球児の頑張る姿はすごくいい刺激になります(*^^*)

何年たっても最後の夏の記憶は薄れないものですね!

 

さてさて、今回はうどんについての記事です!

当店のうどんは宮崎県日向市より国産小麦100%の麺を直送頂いております。

うどん自体の味が美味しく、出汁との絡みが抜群に良いです😋

そこで、国産小麦が100%で製造されている麺がどのくらい希少なのかお伝えします。

 

近頃何かを食べる時は、できるだけ身体にいいもの、安全で信頼できるものを食べたいという思いから、

原産地やどこで製造されたのか、また、どんな製造の仕方なのかが気になる時代になりました。

“国産”というワードで安心と信頼を感じることができるのは、日本だからなのかなって思ったりもします(^^)/

 

日本で消費されている小麦のうち、国産は約12%だそうです。

(計算方法や数字等は諸説あります。今回は農林水産省のデータを参考にしております。)

昔から、日本全体でコスト面や輸入量の関係で小麦は輸入に頼っていたみたいです。

そのような理由があったとしても、こんなに低い数字ということに私自身すごく驚いております。

12%しかない国産小麦を使って製造している当店のうどんの希少性を、少しは感じていただけたでしょうか?

当店としては、そのような希少なうどんを直送頂いていることに感謝の気持ちでいっぱいですし、

少しでも多くのお客様に、この希少なうどんを召し上がっていただきたいと思います(^O^)

 

 

当店の美味しくて、国産で、希少なうどんを是非ご賞味ください!!

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です